第259回:窓枠

今日はリフォームの現場からです。


待望の出窓が取り付きました。


ここから窓まわりの仕上げを行います。


この仕上げ作業がとても重要です。


新築の場合は、既成サイズに合わせて窓を組むので枠の材料も既成品を使用できます。


しかし、リフォームの場合、昔の窓が入っていたところに新しい窓を入れる場合、窓の規格寸法が異なっていることがあります。


その場合は既成品は使用できず、メーカーに発注すると特注品となってしまいます。


その為、リフォームでは窓枠は大工さんによる造作加工を行います。

窓の枠の寸法に合わせて、窓枠材を作ってもらいます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑現場で寸法を確認しています。


リフォームの場合は経年劣化や地震での歪みもある為、造作で寸法を合わせた方がピッタリ納まります。




新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑これが大工さん作成による手作り窓枠です。


写真が逆光で見にくいですが、窓枠の表面を丸め加工しています。

曲線の方が仕上がりも良いですし、モノが当たっても傷み難いです。


木製なので、この後、塗装で仕上げます。


つづく。