第2115回:床張工事です

少し前ですが、床張工事が行われました☆

 

↓ビフォーです

市松張り(正方形に張る)の昔のベニアフローリングです。床下の湿気もあり、ベニアの表面のプリントがはがれてしまいました。。。

 

↓廊下は既存の床の上に重ね張りしていきます

こちら玄関ホールの部分です。既存の床板の上に新しいフローリングを張ります。

今回は高齢者さんの世帯でフローリングが滑らないようにしてほしいとのことで、ダイケンのエクオスロッゾを採用しました。

 

↓洋室です。

ベニアがたわんでいました、また、洋間のドアの框部分で約30mmの段差があったので、框とバリアフリーにするために床下地として構造用合板を敷き込みました。

 

↓その上にフローリングを張ります

こちらもダイケンのエクオスロッゾです。下地の構造用合板(厚み:12mm)と仕上げのフローリング(厚み12mm)で床は二重張りになるので床のたわみも改善されました。

 

↓廊下もこのようになりました

明るめの「アッシュライト」を選びました。

昨日は柏崎でもミゾレが降りましたが、本格的に寒くなる前に施工完了できました。

 

本日も

↓虹です。二重です。

photo by 大関

 

つづく。

 

第一建築業