第2254回:『山間の家』外回り工事進む

『山間の家』の現場です😊

↓先回はこちらをご覧ください

第2247回:『山間の家』耐力壁と引き抜き金物

 

↓外壁に遮熱防水シートを張ります

シルバーの遮熱防水シートです。

 

↓その上に胴縁(どうぶち:外壁下地)を取り付けます

外壁材が縦張りなので、胴縁は横に取付けます。

胴縁に穴が開いているのが分かるでしょうか?

これはエアホール胴縁といいますよ。

普通の胴縁と違って穴が空いているんです。

 

縦胴縁の場合は、胴縁を縦に付けるので通気層を確保することが出来ますが、

横の場合は胴縁の間隔をずらしたりしなければなりません。

しかし、こちらの胴縁は穴が開いているので、胴縁をずらさず取り付けることが出来ます。

 

↓軒天(両側・後ろ側)です

屋根の裏側ですね。

こちらは軒天ボードです。黒く見ええる部分は軒裏から空気が抜ける通気部材です。

 

↓正面の軒天です

正面側は杉板の羽目板です。これは乱尺張りという張り方です。

板を交互にずらして張っています

下屋も90cm出ていて、日除け&アクセントになりますね。

 

↓屋根も張り終えましたよ

シルバーブラック色のガルバリウム鋼板です。

今回はフッ素加工が施してありますよ😉

普通のガルバリウム鋼板に比べてよく滑ります!

 

つづく。

 

第一建築業