第2471回:物置の屋起こし

昨日の物置復旧工事のつづきです。

↓先回はこちらをご覧ください

第2470回:物置の復旧工事

 

↓まだ傾いていますね

基礎の立ち上がりから、物置が浮いています。

 

↓赤〇部分の土台と緊結していたアンカーボルトが外れています

このアンカーボルトは変形しているので、新しいアンカーボルト"ケミカルアンカー”を使用して、間に取り付けます。

基礎と土台の間に木材を挟んで、既存のアンカーボルトをサンダーでカットします。

 

↓水平になりました

内部にもジャッキをかけておきます、ばっちり入りました。

 

↓屋根の板金を剥がします

一部 板金が壊れていた(ぶつかって)部分は、下地も解体します。

 

↓屋根の右側は下地を新しくしました

外壁も剥ぎましたよ!

 

↓赤〇部分は、「破風(はふ)」と言います

破風板は新しくなりましたよ。

 

つづく。

 

第一建築業