第2534回:配線隠しの秘密兵器、スルーライン登場

今日はメンテナンスの現場からです。

 

新築後、TV周りの機器がいろいろ揃ってきたのですが、増えてきた配線の処理について対応してきました。

 

TV周りは昔はビデオデッキ、DVDとありましたが、(ナカムラの自宅はまだDVD止まりです。。。)最近はブルーレイレコーダーにハードディスクレコーダー、増設のハードディスク、アマゾンプライム、ユーチューブ視聴のために通信が安定するために有線の光ケーブルなど、場合によってはゲーム機など。。。

 

↓こちらはテーブル配置の場合です。

PS4やスイッチなど、場合によってはスピーカーも配置しますね。

 

今回は壁掛けテレビの現場からです。

施工前の写真は撮っていませんでしたが、壁掛けTVとローテーブルの間の配線問題を処理します。

 

↓使う道具はこちら!

 

↓スルーライン(ジョイントタイプ)です。

 

ワイヤーに樹脂状のコーティングがされています。なので摩擦が少なく、必要な配線を通してくれます。

ジョイントタイプなので、長距離を通す場合にも役立ちます。

 

↓TVを外して、コンセントカバーを外して、スルーラインを通します。

 

↓するする中に入っていきます。

 

↓ローテーブル側のコンセント口につながりました。

 

↓続いて通したいケーブルのジャック部分をテープでスルーラインに巻き付けます。

 

↓そして引っ張ります!

必要な配線をこのように通過させていきます。

途中、ジャック部分がつっかえたりするので、押したり、引いたりを適時しながら通しますよ。

 

↓そして、壁掛けTVの配線が見えなくなりました。

すっきりしましたね。

 

つづく。

 

第一建築業