第2749回:瓦葺き替え工事

本日はあいにくの雨ですが、今週の初めに『瓦葺き替え工事』が行われておりました😊

 

↓ビフォーです

 

↓下屋の谷(瓦の継ぎ目)の部分です

『谷(たに)』と呼びます。銅板が入っていますが、さびています。

 

↓以前割れた瓦を補修した所です

お施主様が自分で部分的に補修していました。

新築してから40年以上経過しています。

瓦屋さんの見解では瓦自体はもう10年くらいは持ちそうなのですが。。。

 

↓瓦を持ち上げてみると。。。

瓦の下地の昔のフェルトが穴が空いています。

お施主様から部分的に雨漏りがしているとのことで、今回、瓦張替え工事を行うことになりました。

 

いざ!

 

↓瓦を剥いでいきます

 

↓針金を切っている所です

瓦は瓦桟(かわらざん)と言う木の下地に、1枚1枚針金で固定されています。

施工するのも、解体するのも手間の掛かる作業です。

 

↓レッカーを使い瓦を下ろします

ちなみに、瓦を入れる袋を『モッコ』と呼びます。

 

 

↓スッキリしてきました

下地が見えてますね。

 

つづく。

 

第一建築業