第2758回:レンジフードとガスコンロ入替工事

今日はキッチンのリフォームの現場からです。

 

↓レンジフードです。

2006年製のレンジフードです。

かれこれ15年経過しました。

 

↓レンジフードの中です。

油汚れも溜まってきました。

 

↓そして、ガスコンロです。

昨年、部品修理を行ったのですが、やはり火が付きにくくなったので、今回ビルドインガスコンロを入れ替えることにしましたよ。

 

それでは工事開始です。

 

↓ビルドインガスコンロを撤去します。

 

↓本体の隙間にこびりついた油汚れを掃除してもらいます。

料理の際に吹きこぼれ等で隙間に入った油汚れが残っています。

入れ替えの時が掃除のタイミングですね。

 

↓レンジフードを取り外して新しいレンジフード取り付け中です。

緑のスプレーは隙間を埋める断熱材のウレタンスプレーです。

新築時に隙間が埋まっていなかったので、このタイミングで隙間を埋めました。

 

↓レンジフード入れ替え完了です。

今回はクリナップの洗エールレンジフードです。

いちけんではレンジフード工事の定番になってきました。

 

↓そしてビルドインガスコンロはリンナイのLiSSe(リッセ)です

 

↓ガラストップフレームです。

リンナイの中では上機機種のビルドインガスコンロです。

LiSSeの特徴としては『イージークリーン』と『スモークオフ』です。

イージークリーンはバーナー部分の焦げ付きを抑える機能、

スモークオフはグリルからでる煙やにおいを専用バーナーで焼き切るので、煙の量が抑えられます。

 

↓そして、リンナイのココットプレートです。

 

掃除はしやすいですし、ココットプレートの底面は溝が彫ってあるので、油が落ちて料理がヘルシーになりますよ。

 

掃除しやすい洗エールレンジフードとリッセの組み合わせ、今後も今まで以上にガンガン使ってください。

 

つづく。

 

第一建築業