ありがとう、田村さん

2021年8月8日、第一建築業の大工さん、田村さんが永眠されました。

 

34年前から第一建築業に入って、今日まで多くの現場で木造建築に携わってくれました。

 

御年67歳、中学校を卒業した15歳から大工の修行を始めた、大工の仕事を52年続けてきました。

 

最近は大工さんのなり手も少なくなってきて、65歳を過ぎた時も、体が丈夫な限り、働いてほしい旨を相談させてもらっていました。

 

実は田村さんは今年の12月で退職する予定でした。現場で困ったら応援に来るから、いったん、退職させてくれと。

 

私も了解して、今年いっぱい、現場で多くのことを学ばせてもらおうと思っていました。

最近は仕事が薄かったので、少し休んでもらっていました。

 

病気の知らせを聞いたのは7月の連休前です。すい臓がんと聞いて、本当ににびっくりしました。

だって、6月に屋根のリフォーム工事で活躍してくれていたから。

 

余命宣告されていましたが、それよりもはるかに早い別れになりました。

 

本当に多くの現場で大工として、棟梁として活躍していただきました。

 

怒られたこともあったし、木のこと、道具のこと、おさまりのこと、多くのことを教えていただきました。

 

田村さんが建ててくれた建物はこれからも残り続けるから、しっかり守っていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

つづく。

 

第一建築業