第13回:鳥瞰図(ちょうかんず)

今日は先日打ち合わせをした、収納の図面作製を行いました。


家づくりは一生のうちに何度も経験することではありません。


色々提案させて頂いても、イメージがうまく伝わらないことがあります。

(もちろん、現地で実際に立ってもらいます。)


その際に重要なのが図面での説明です。


平面図や立面図などあるのですが、その中で、比較的イメージがわきやすいのが鳥瞰図(ちょうかんず)です。


これは字のごとく、鳥の目で見た図面をさします。


そのままですね。


鳥瞰図は平面図を立体的にさせて、デフォルメさせた感じです。


窓や建具、キッチンなどが立体的に表現されて、平面図よりイメージが沸くんです。


おもちゃの家の屋根を外して上からのぞいたような。。。


なかなか言葉で伝えにくいですが、見てもらうとわかって頂けるかと。


ブログの説明ではうまく伝わっていないと思いますが、図面が伝わるといいなぁ。

(そういえば、ブログに写真載せれるんで、今度載せてみます)