第27回:コンクリート打設


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

カーポートのコンクリート打設しました。


こちらは昨年の12月に新築住宅の引き渡しを行いました。


カーポートの組み立ても行っていたのですが、12月初めからの雪の為、コンクリート打設を春まで待って頂きました。


コンクリートの打設で注意することとして、打設後は、コンクリートが軟らかいので、硬化するまで待つ必要があります。


これを「養生(ようじょう)」といいます。


この養生期間に注意することとして、温度があります。


コンクリートの温度を2度より下げないようにするということです。


冬場は雪も降ったり、急に雨が降ったりと天気が安定しません。


特に山側の地域は、突然大雪が降って、そのまま積ってしまう可能性もあります。


また、夏場は逆に暑すぎてしまう時は、水をまいて温度調整します。

(場所によっては水で浸すこともあります)


コンクリートって繊細なんです。


今回は施主さまに了解を頂いて、春のコンクリート工事とさせて頂きました。


待った甲斐もあり、快晴の中の工事になりました。


写真は左官職人さんが木鏝(きこて)と金鏝(かなこて)で仕上げ中です。


カーポートがうまく日差しを避けてくれるのでいい環境で工事できました。