第50回:渡座(わたまし、わたませ)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

昨日の事になりますが、「渡座(わたまし)」がありました。


「渡座」とは新築祝いです。


正式には「渡座法要」と呼ばれて、お坊さんまたは神主さんをお呼びして、家内安全を供養して頂きます。

そして、その後に、お酒を頂きます。


訛りなのかもしれませんが、柏崎では「わたませ」とも呼ばれています。

(私の周りでは「わたませ」と言う人が多いです)


昨日の「渡座」は店舗ということもあり、大工さんから協力業者のみなさんと大勢で参加させて頂きました。


どちらかと言うと「お披露目兼慰労会」ですね。


みんなでおいしくお酒を頂きました。


施主さんとは施工前、施工中と色々打ち合わせをさせてもらい、色々な事を話してきましたが、お酒を飲みながらお話しすることはなかなか無いんですよね。


色々なお話が聞けて、有意義な時間が過ごせました。


また、協力業者のみなさんとも色々なお話ができました。


はじめて一緒に飲む業者さんもいたりして。


良い機会をありがとうございました。