第81回:冬囲い色々

今日は外壁工事が完了した現場で冬囲いの柱の取り付けです。

(少し気が早いですね)


近年は柏崎の市街地でも雪が降るようになってきました。


小さい頃はうれしかった大雪ですが、大人になると朝の雪掘りが気になってしまい、大喜びできなくなってきました。


また、高齢者の住宅では大変な問題です。


できるだけ雪の心配を無くしてあげる必要があります。


冬囲いにも色々なやり方があります。


今回は柱を斜めにかけて、窓上で固定させます。

柱の頭部に噛ませている「楔(くさび)」を外すと取り外せます。


柱の手前についている黒い鉤(かぎ)の手の部分に「落とし板(おとしいた、雪を防ぐ板)」を挟み込みます。



新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


柱を斜めにかけると冬場は雪による圧迫感は薄れますよ。