第130回:「瓦(かわら)」と「板金(ばんきん)」


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

今日は屋根替え工事がありました。


もともとこちらの住宅は瓦屋根だったのですが、今回、板金屋根に交換することになりました。


左側が瓦屋根で、右側が板金屋根の下地の状態です。


瓦と板金、どちらが良いのか?っと聞かれることがあるんです。


板金屋根の方が軽いので、建物事態の重さが軽減されていいじゃないと言われます。


確かにそうです。


板金屋根は軽くなります。


その為、柱や壁の負担が減ります。


建物にとっては良いことです。


しかし、板金屋根にも弱点はあります。


それは「音」です。


その「音」とは、「雨音」です。


板金屋根はどうしても音が響きます。


下地に音を軽減させる、シージングなどの下地を敷いていますが、やはり、瓦屋根の方が静かです。


瓦屋根で暮らされていた方は結構、気にされます。


今回は写真の左側は寝室の屋根の為、瓦の交換はしませんでした。


元も子もないですが、「瓦」と「板金」どちらが優れているという訳ではありません。


用途に応じて使い分けるべきだと思っています。


そんな提案をしていきたいと思います。