第228回:リークチェック

今日は給湯器(瞬間湯沸かし器)の取り換えがありました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

去年の冬に故障して、それから夏場は水だけで過ごしてきたそうですが、冬場を迎えるにあたり交換することになりました。


1年ぶりなので、しっかりガス給湯器なのでガス管の漏れを確認します。


そこで確認に使用するのがコレ↓。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

リークチェックと言います。


ガス管の接続部に吹き付けます。

ガス漏れがしている場合は、そこから泡がでるんです。


取り替え時に確認しましたが、漏れも無く、無事施工完了しました。


が、しかし。。。


給湯ボタンを押してもなぜが、お湯が出ません。

1年ぶりの使用だったので、ガス管の中に空気が溜まっている可能性があるので、何度かON/OFFを繰り返しましたが、やはりつきません。


急きょ原因探しとなりました。


色々調べると。。。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

建物の外でガス漏れがあったのです。

リークチェックを吹きかけるとガス漏れを示す、泡が出ました。


外部の配管で錆びによる腐食があったんです。


一時は大慌てになりましたが、無事腐食個所の配管も交換して修繕できました。

給湯器からも無事にお湯が出て一件落着です。


なかなかリークチェックで泡が出ることはないのですが(しっかり締めて確認するため)、今回はリークチェックの本領発揮で事無きを得ました。


改めて点検道具の重要性を教えられました。


つづく。