第298回:除雪作業2(「新雪」と「ザラメ雪」)

今日は午前中、軽トラックにスコップを持って、工事させて頂いた、お客さんを回ってきました。


昨年、縁側にテラスを取り付けたお宅に状況を確認に行ってきました。

海沿いのお宅なのですが、それでもテラスの屋根には80cmくらい積っていました。。。


もちろん、このテラスは問題はないのですが、屋根の雪は天気によって形を変えます。


例えば、対雪100cmと謳っていても、雪の「質」でその量は異なります。

新雪と溶け始めて水分を含んでガリガリになった雪(「ザラメ雪」とも言います)では重さが違います。


新雪は100cmに耐えれても、ザラメ雪になれば、40cm程度が限界になります。


大丈夫だと最初は思っていても、日々の中で雪質は変わっていくので、やはり、除雪スペースがあれば落としてあげた方が良いですね。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑今日は写真を取り忘れてしまいました。

寒い冬景色ばかり面白くないので、晩御飯の「おでん」です。


鍋は温まりますね。


つづく。