第338回:床張り

今日は新築の現場からです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑外壁も張られ、全貌が見えてきました。

ガルバリウム鋼板の外壁です。

今回は全面がこの色で、差し色が入ります。


全貌は、また後ほど。。。

(もしくはHPの施工例で紹介したいと思います)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑室内では床仕上げのフローリングの床板を張り始めています。

今回は「白」です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑1階の床を張っているのは大工の長谷川さんです。

写真は床板の張る位置を出しています。

「墨だし」とも言います。


実は大工さんが仕上げをする部分は意外と少ないんです。

室内は壁や天井は「塗り壁」や「クロス」で仕上げたり。

外壁は板金屋さんだったり。


大工さんの仕事は見えない部分の施工の方が多いんです。


その為、「和室」と「床」は職人さんの仕上げの見せ所なんです。


仕上がりが楽しみです。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/