第447回:パテ(塗装編)

今日は先月から工事に入っている、お寺の回廊修繕の現場からです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑シロアリ被害の多かった個所を削って、一部張り替えました。

※第431回:「ビス締め直し」と「ねじれ止め」参照

http://ameblo.jp/daiichi-nakamura/day-20120626.html


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑お年寄りの方にも登りやすいように手すりが取り付きました。

床板の塗装後の色に合わせて、こげ茶の手すりです。

また、手すり棒は冬場さわった時に、ヒヤッっとしないように樹脂で巻いてある手すり棒にしています。

手すり棒をさわった感じが全然違います。

ステンレスより、お値段もお手頃です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑写真は「パテ」の様子です。

「パテ」とは隙間を埋める作業です。

毎日のぞうきん掛けで隙間にぞうきんがひっかかるので、気になる大きな隙間を埋めてもらっています。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑1度下塗りした床の色に合わせて、「パテ」を詰めていきます。


赤マルで囲った個所がパテ処理した場所です。


そして、隙間を埋めた後に、仕上げの塗装をかけます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/