第490回:トイレを広くするために

晴れの日曜日、今日はゆっくり気分転換できました。


救急の日でしたね。


お腹の救急の場所として、トイレがありますが、今日はトイレのオフショットです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑2階のトイレです。

普通のタンクトイレですね。

タンクレストイレの方がトイレのスペースを広くできるのですが、震災以後、水を貯めれるタンクトイレの需要も増えてきました。


1階トイレはタンクトイレ、2階はタンクレストイレにしたりしますね。


今回はトイレを広くするためにちょっとした工夫をしているトイレなんです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑上の2つのトイレの写真なんですが、違いがわかりますか?


下の写真の方が横幅がちょっとだけ広いんです。

下のトイレは右側に壁ができていますよね?

左右の壁を約1.5cmずつ広くしているんです。


和室の真壁の要領をトイレに応用してもらいました。

(詳しい説明は文章で書くのは難しいので省略します)


左右で3cm程度ですが、実際入ってみると広く感じます。

狭いスペースは1cmでも広くするだけで中に入っているときの圧迫感は異なるんです。


職人さんのちょっとした工夫が活きたトイレの紹介でした。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/