第526回:小さい図面

今日は外壁張り替えの現場からです。


今まで張っていた外壁の撤去、下地の補修を行い、外壁張りが始まっています。


外壁を張るときは3人で作業分担します。

・外壁を張る人、

・外壁を運搬する人

・外壁を切る人

です。


なので、外壁の現場は3人でチームを組みます。

(量が少ない場合などは2人で行う場合もあります)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


↑これは外壁を切る人が書く図面です。


外壁は同じ形の外壁ばかりを張るわけではありません。

1枚1枚異なる形になります。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑例えば窓があったり。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑例えばトイレの臭気抜きがあったり。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑例えばキリヨケ(日差し除けの小さな屋根です)がついていたり。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑換気扇のフードがあったり。


他にも屋根の勾配に合わせたりします。


なので、外壁を切る前に張る外壁に合わせて寸法出しをするんですね。


それが最初の図面なんです。

小さな図面をいっぱい書いて外壁は張りあがっていきます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/