第747回:アタッチメント交換

今日はリフォームの現場からです。


サッシのアタッチメントの交換作業がありました。

昔のサッシは単板ガラスと言って、サッシの中にガラスが1枚入っていました。

最近はペアガラスと言って、2枚のガラスを組み合わせたサッシが主流になっています。


今回のアタッチメントの交換はサッシのアルミの枠はそのまま使用して、ガラスの部分を交換する方法です。


本来、サッシを変えるときは枠ごと取り替える為、外壁から、室内の壁から撤去する必要があります。

その為、工事費用がかかります。


このアタッチメントの交換はガラスの交換のみで良いことです。


そして、もう少し工事費を抑える為に内窓という方法もあります。

内側に窓を取り付ける為、壁を構う必要がありません。

しかも、内側にもう1枚取りつくので、気密性も向上し、外の騒音を抑える効果があります。


しかし、内窓を取り付けると毎回、2度サッシを開ける煩わしさもあります。


それぞれ、良い部分がありますが、今回のお客さんのご要望を満たす方法としてはアタッチメントの交換が一番良いとなりました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑アタッチメント交換したサッシのガラスです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑実際にアタッチメント交換後(写真左)と交換前(写真右)です。

アタッチメント交換の方がアルミの枠が厚くなっています。

ちなみに、ガラスの重さも倍以上なので、サッシの重さもかわってきます。

動きを確認して、戸車の調整も必要になりますよ。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑そして、新築の現場では今日は基礎内部の防湿土間コンクリートの打設でした。

今回の基礎工事は晴天に恵まれて作業効率がとてもよかったです。

このまま上棟まで天気が持ってくれるといいなぁ。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/