第782回:外壁張り

今日は新築の現場からです。


先週から始まった、外壁張りが完了しました。


塗り壁以外の外壁材は張り方が2通りあります。


それは「横張り」と「縦張り」です。


長方形の外壁の長手を「横」に張るか、「縦」に張るかです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑今回は「縦張り」を採用しました。


縦張りの最大の魅力は外壁の継ぎ目が少ないことです。

横張りに比べると、継ぎ目が少ないので、コーキングの量が少なくなります。


コーキングは年数が経つと痩せてきます。

痩せた隙間から雨が侵入する可能性もあるので、できるだけコーキングを少なくさせて施工した方が後のメンテナンス費用を抑えられます。

(外壁の下地には防水シートが張ってあるので、躯体に雨が直接入る訳ではないですが、年数が経つと劣化によって入る可能性もあります)


縦張り、横張りにはそれぞれ長所・短所がありますので、目的に合わせて張っていきます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/