第918回:外壁見切り

今日はリフォームの現場からです。


外壁も張りあがり、見切りの塗装も完了しました。

外壁と軒裏の取り合い部分に取り付ける部材です。

最近はコーキングで仕上げることが多くなっています。



↑外壁と軒裏の間に取りついている部材です。

「玉縁(たまぶち)」とも呼びます。

実際の玉縁は丸く仕上げます。竹などで細工する場合の用語です。



↑アップにするとこんな感じです。


雨漏りなどの原因の一つとして材料の継ぎ目から水が入ることがあります。

玉縁はこの軒天と外壁の継ぎ目を塞ぐために使用します。

コーキングも年数が経つと切れてしまうので、見切りで仕上げると建物の「持ち」はよくなります。

今回は風の強い地域なので、見切りとして取り付けました。

色は外壁より濃いめに仕上げてあるので、軒天と外壁の境界がスッキリ見せれます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/