第998回:現場パトロール

今日は新潟労働局、労働基準監督署の指導による長岡労働基準監督署担当官と木造家屋建築安全指導員による現場パトロールがありました。

漢字ばかりですね。

工場には木材を刻む万能機や電気ノコギリ等、取扱いに注意が必要な道具があります。

道具をちゃんと管理できているか、
道具を手入れできているか、
問題があった時の対処方法は記載されているか、
機材の責任者は決まっているか
をチェックする機会です。

総勢9名の委員の皆さんが指導に来られました。


↑パトロール中です。

せっかくの機会なので、会社が良くなる方法、安全になる方法を学ぶチャンスです。
安全な環境での仕事は良い仕事につながります。

久しぶりのパトロール対象だったのでドキドキしましたが、いい機会になりました。

つづく。

第一建築業