第1045回:上棟式の風景2

上棟式の風景です。

それでは式典に入ります。


↑お祓いの儀(おはらいのぎ)、降神の義(こうしんのぎ)
礼拝をして幣束(へいそく)を振ります。






↑四方がための儀(しほうがためのぎ)
四方にそれぞれ酒、米、塩を参じます。


↑祝詞奏上(のりとそうじょう)
祝いの言葉を読み上げます。


↑槌打ちの義(つちうちのぎ)です。
金づち(本来は木槌ですが、弊社は棟梁の使用する金槌を使います)で打ち、
お施主さんとその家族、親戚、工事関係者の健康と繁栄をお祈りします。

お供物を下げて、お神酒をいただきます。

上棟を喜び、そして餅まきに入ります。

つづく。

第一建築業