第1107回:上部躯体検査

今日は住宅瑕疵担保責任保険の上部躯体検査がありました。

検査の対象は建物の強度を保持する耐力壁(柱や構造用合板等の面材)の配置、屋根の下地、外壁の下地、金物の取り付けです。

建ててしまうと隠れてしまう部分が正しく施工されているか確認してもらいます。


↑検査中です。

せっかくの機会なのでしっかり検査してもらいます。

社会に出ても学ぶことはいろいろあります、このような検査は施工を見直す機会でもあります。

施工店としても有効に活かしていきたいと思います。

つづく。

第一建築業