第1636回:瓦の葺き替え工事のつづき

昨日のつづきですよびっくり

 

昨日のブログでは瓦桟まで解体しましたね?

という事は、小羽まで残っていますね?

 

↓その上にルーフィングを敷きまーす(左側です)

ゴムアスファルトルーフィングですびっくり

ゴムなので伸び縮みをし、多少の変化は柔軟に対応してくれるのですかお2音符

 

すでに映ってしまっていますが汗笑

↓その上に、小羽を敷き瓦桟を取り付けます

キレイですねーびっくり

 

↓いよいよ瓦の出番です

施工は軒(下)部分からですよしろくまのくまお

 

↓雨が降っての作業です

強風や土砂降りの時は危険なので作業は出来ませんが、小雨程度なら大丈夫ですびっくり

雨の日に瓦工事は不安だとは思いますが…心配ご無用です手

 

屋根は基本的に、雨が侵入すること前提で設計されているのだそうですびっくり

(入る雨は抜けていきます)

私は初めて知りましたお~

 

それにアスファルトルーフィングは防水の為の物ですし、アスファルトルーフィングがしっかり施工してあるので大丈夫ですよピンクぐまのもも金槌

 

↓では、もう1枚

今回は日本で一番使われている三州瓦を使用していますうふっっ♪

お色はブラウンですkira

 

 

 

つづく。

 

第一建築業