第1879回:屋根替え工事

本日は晴天で暖かかったですね~★☆

外工事にはもってこいの天気でしたね!!

 

という事で、本日から『屋根替え工事』が始まりましたよ!

瓦屋根から板金屋根へとリフォームです?

 

では!

↓瓦を撤去します。

 

それを

↓クレーンで下します

この袋みたいなものは「モッコ」といいます。ワイヤーで編んであるカゴです。

この作業を繰り返していきますよ!

”いちけんブログ”の中では、躍動感のある写真が撮れました?

 

↓下地が見えてきましたね

瓦を留める”瓦桟(かわらざん)”と下地のフェルトですね!

 

フェルトを剥ぐと…

今から50年近く前の瓦屋根下地です。紙のように細かいものは「木羽(こば)」といいます。

 

↓木羽を撤去すると、横(写真で見ると縦ですが)に渡してある材料は野地板(のじいた)と言いますね

その下に垂直に掛かっているのは、垂木(たるき)と言いますよ!

屋根の骨ですね!

 

↓こちらは別棟の野地板です、以前、増築したので施工時期で下地が違います。

今回は劣化が少なかったので垂木・野地板ともに既存のまま使用しました!

 

↓その上に下地の構造用合板を張ります、墨付けして、細かく釘留めです。

 

↓さらにその上にシージングボードを張ります

板金屋根は厚みが0.4mm程度、瓦に比べるととても薄くなります。その為、雨の音を顕現するため、緩衝材として敷き詰めます!

 

↓そのまた上に防水紙になる、アスファルトルーフィングを張ります

こちらは防水紙ですね!下から張っていきますよ。

 

↓本日はココまで

アスファルトルーフィングまで張り終えました!

本日は天気が良かったので、作業もはかどりました?

 

―☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆―

 

10月28日(土)・29日(日)10:00~16:00にOPENHOUSE(完成見学会)を開催いたします!

お施主様のご厚意により2日間の限定開催です。

興味のある方は、是非ご来場ください。

お待ちしております。

お問合せ”より、・お名前・ご住所・ご連絡先・ご来場予定日時をお知らせください。

後日詳しい住所をお知らせいたします。

 

つづく。

 

第一建築業