第1961回:除雪2018!

除雪が落ち着きました☆☆

もう大雪にならないと踏んで、本日のブログは『除雪2018!』です😉

 

↓雪下ろしをする田村さん

こちらは屋根の雪が落ちて、地面の雪も溜まって雪が屋根から地面に繋がる事態になっていました。

実はこれ、とても危険で、場合によっては屋根の下地の垂木が折れる可能性があります。

屋根の雪が地面に繋がったら雪下ろししましょう。

 

 

↓雪下ろし完了です

屋根から繋がっていた部分がスッキリしましたね!

 

↓コチラの屋根も

 

↓スッキリです!

排雪もしましたよ?

 

↓窓部分ですね。

屋根の雪下ろしをして、下に雪が溜まると、窓を塞ぐ可能性があります。

室内にいると常時暗くなります。また、冬囲いをしないと雪で割れてしまう恐れがあります。

 

↓はい!光が差しますねー

この作業を「スキ取り」と言います。屋根の雪下ろしよりもこのスキ取りの方が窓や外壁を傷つけないように注意しなければいけないので集中力のいる作業です。(体力的にもきついです)

 

↓こちらは屋根にポリカ材を乗せています。

雪が重くなってきているので雪下ろしは重労働です😱

そういう場合は、屋根の上にポリカを乗せ雪を滑らせて落とします!

屋根の流れが長いと、雪が途中で止まってしまうんですね、それを下にすべり落とすために使用します。

 

↓コチラは板金を乗せたバージョンです

 

↓足元は安定のカンジキです

 

↓門の上のこんもりは

 

↓これで落とします

 

いやー!たくさん除雪しましたね!

 

今年はこれくらいで落ち着いてくれるといいなぁ。。。

 

つづく。

 

第一建築業