第2036回:和室のリフォーム工事

和室改修工事が始まりましたよー☆

 

まずは床工事からです😊

柱と敷居の取り合いの部分です

シロアリですね!

 

↓畳を剥いでみると

「荒床(あらゆか)」が出てきました、こちらは杉板ですね!

 

↓杉板を剥ぐと

根太(ねだ:縦に細い角材)と大引き(おおびき:横に太い角材)が出てきました!

 

シロアリの被害もあるので、根太の強度を確認するためにカナヅチで叩いてみると…

 

↓ザバザバに…

束木(つかき:大引きを支えている垂直の角材)もボロボロと剥がれてきました😭

この辺りからシロアリが登ってきたようで、ココが一番被害がありました!

 

ですので、今回は床下地をリフォームです!

 

↓まずは束石を追加します

束木を支える束石(つかいし)です!

以前は本当の石を束石に使っていましたが、水平な材料のコンクリートを採用しています

また、束石の間隔が広かったので、狭めます!床を支える力が増しますね😎

 

↓手前で加工しているのは

以前”いちけん”で働いてくれていた高橋さんです!

今回、助っ人をお願いしました😊

 

作業は進み…一気に…

 

↓下地完成です

束木はプラスチック製の物にしました!

土台・大引き・根太は新しくし、土と土台・大引きには防蟻剤を散布しました!

 

↓杉板はシロアリ被害が無かったので、再利用しましたよ

 

つづく。

 

第一建築業