第2151回:レンジフードの修理(LIXIL)

年末にレンジフードの掃除をされていたら、中から部品が落ちてきたとのことで、伺ってきました。

シロッコファンの隣になるシルバーのこの謎の部品。。。LIXILの担当者に相談すると「風圧シャッター」でした。

この部品、レンジフードは中でダクトで接続され、外のフードまで繋がっています。

もし、外で強風が吹くとその風が中に入ってきて、レンジフード中から冷気が入ってくる可能性があります。

この風圧シャッターはその外からの風を止める為の部材です。

↑また、こちらはレンジフードの油受けです。2年位前から油が溜まらなくなったとの事。。。

実は先ほどの風圧シャッターは外からの風を止めるだけではなく、加熱調理でコンロの熱を排出する際、油を押し戻す効果もあるそうです。

レンジフードの外の排気口を見ると油分がごらんの様に排出されていました。

↑こちらがアップ写真、確かに油分が多いような気がします。

↑レンジフード本体とダクトの付け根の部分を交換してもらいました。

↑新品は写真が取れませんでしたが、こちらが風圧シャッターと接続されていた部分です。

これで完了です。もちろん、油受けに油が溜まるようになるか、経過観察を行ないます。

 

つづく。

 

第一建築業