第2241回:ビルドインガスコンロ(リンナイ)&レンジフード(クリナップ)の入替

 

本日はガスコンロ&レンジフードの入替が行われました😆

 

↓ビフォーです

こちらはクリナップのレンジフードとガスコンロです。

 

↓取り外したレンジフードです

油汚れがこびり付いていますね。

 

そして

 

↓アフターです

レンジフードはクリナップの洗エールレンジフード(幅600mm)です。

ガスコンロはリンナイのマイトーンです。

 

今回のリフォームでガスコンロとレンジフードを連動式にしました。

ガスコンロで火を使うと自動的にレンジフードが排気を行なってくれます。

 

↓レンジフードアップです

整流板(下部に付いている板)がついていますね、整流板は隙間風の原理を使った構造です。

冬の寒い日に戸が少しだけ空いていると、寒い風が入ってきますよね?その原理で調理の熱風(と油)をレンジフードが吸い込みます。

洗エールレンジフードの特徴として、面倒なファンの掃除をしなくても大丈夫!という部分があります。

お湯を入れて、「洗浄」ボタンを押すと10分程度で掃除してくれます!

以前は1ヶ月に1回程度の洗浄でしたが、新しいモデルは2ヶ月に1回の掃除で済みます!

そして、もう1つ「排熱」ボタンがあります。

このボタンを押すと、部屋の温度が32度を超えると中の空気を排熱してくれるんでね。

夏の暑い日、部屋を閉め切って、外出して家に帰ってくるときに、熱さでムワァっとすることがありますよね、それを軽減してくれんです。

熱感知のセンサーを使った快適機能ですね。

 

そしてこちらがリンナイのマイトーンです。

ガラストップがきれいです。

 

魚焼きですね、水無しの両面焼きタイプです。

このタイプは焼き網の他に「ココットプレート」がついています。

焼き魚はもちろん、トーストやノンフライ料理、ピザ、揚げ物の温め直しもできます。

 

↓ガスコンロの操作部です

普段よく使う料理の温度設定がついています。

ちなみに調理温度の目安として、

 

ハンバーグは140度

から揚げ、卵焼きは160度

てんぷら、お好み焼きは180度

ポークソテー、豚肉と野菜のハーブ焼き(キャンプご飯みたいですね♩)は200度

 

だそうです。

料理の幅が広がりますね。

 

 

つづく。

 

第一建築業