第2269回:雨の稲虫(いなむし)送り

私共の地区では毎年7月14日に”稲虫送り”が行われます😊

稲に付く害虫を退治し、豊作を祈願する行事です。

 

↓大工の村松さんは町内会の役員なので

松明の棒を加工しています☆

面取りして、子ども達が怪我をしないように配慮です。

 

↓櫓(やぐら)も完成です

雨が降りそうな雲行きですね…。

 

↓こちらは

我が家の松明(たいまつ)です。

各家庭で手作りしますよ!

子供用と大人用です。会長作です😊

 

夕方から雨が降ってきて、今回は無しかと思いきや…

 

↓雨の中開始です

松明に火を付けます。

 

↓付きましたよ~

 

↓松明を振りながら

稲に付く害虫を退治しまーす!

今回は事務員も(子供用)松明を持って参加したので、上手に写真が撮れませんでした😭😭

櫓まで松明を持って歩きます。

 

↓櫓点火

 

↓いい燃えっぷりですね

 

↓火の粉がキレイです

火の粉は、村松さんが仕込んだ”おが屑”が燃えているんですって😎

 

動画 2019-07-16 11 28 12

 

中鯖石は10集落あるのですが、近年は5.6集落しか稲虫送りをしなくなったそうです。

(今年は雨だったので、私共ともう1つの2集落のみの実施でした)

人口が減っているんですよね。高齢化も進んで若者が減っていますし。

冬は雪も多いですしね。

 

昔からの行事も残していければいいなと思っています。

楽しいですよ😊♩

 

つづく。

 

第一建築業