第2413回:和室の床暖房 

先日お客様のお宅に訪問した際、こんな事をおっしゃっていました。

 

『昔の田の字造りの間取りで、和室はスースーして寒いのよ。

 でも、畳が好きだからフローリングにはしたくないの。』

 

この話を聞いて、和室の寒さ対策について考えてみました!

 

1部屋丸ごと断熱工事も考えましたが、コストも日数もかかってしまうので、

床部の断熱・暖房に着目してみました。

 

床暖房は振動対策、防水機能、家具下の局部過熱など考慮し、200V電気式を選択しました。

 

↓上が通常の床組

↑下が畳敷き床暖房の床組

 

8帖全体の床暖房で、

1日8時間を30日連続で運転した場合の、1月の電気代は約¥7,250-です。

 

8帖で人がいる部分の床暖房で、

1日8時間を30日連続で運転した場合の、1か月の電気代は約¥5,793-です。

 

和室を床暖房にした場合の注意点は、畳の厚さです。

畳が反らないよう、厚みを考慮しなくてはなりません。

 

寒い部屋とあきらめないで、同じ悩みをお持ちの方は一緒に考えてみませんか?

 

 

リフォーム施工例を追加しました。

キッチンを使いやすく

 

つづく。

 

第一建築業