第2692回:『八石山を眺める平屋』水道管の埋設

今日は平屋の現場からです。

 

第2686回:『八石山を眺める平屋』アクセントのニッチ棚

 

今回はどちらかと言いますと、土木工事になります。

 

今回、新築予定の土地では家を建てるうえで必要なモノがありませんでした。

それは水道管です。

 

新しく家を建てる場合には前面道路まで市町村の水道管が来ており、そこから水道の取り出しであったり、給水メーターを取り付けたりはしますが、今回は前面道路に水道がきていませんでした。

 

なかなか、本当になかなかのレアケースです。

 

なので、水道管があるところから管を分けて持ってくる必要がありました。

道路のアスファルトを剥がして、水道管の本管から水道を分けて、家の前まで持ってきます。

 

そして、この工事はすべてお施主様の負担になります。

 

お施主様負担で水道管を入れますが、その後の維持管理は市町村でしてもらうので、移譲することになります。

お施主様の土地を調べたときはナカムラも初めてのケースだったのでとても戸惑いました。

お施主様にも最初はびっくりしていました。

 

土地探しは難しいですね。

※今回は購入後のご相談だったのですが、事前に住宅会社に相談した方が良いと思います

 

そんな訳で、水道管の埋設工事をすることになりました。

事前に市役所に申請して、入札を経て、水道管を埋設することになりました。

 

↓ショベルカーでアスファルトを剥がしていきます。

 

↓どんどんめくります。

今回は約30mアスファルトを剝がして水道管を埋設します。

 

↓こちらが埋設する水道管です。

 

↓ちゃんと『柏崎市水道局』の印字がされています。

こちらを埋設してもらいますよ。

 

無事に埋設してもらいました。

(立ち会えなかったので、写真はありません。。。)

 

つづく。

 

最後に今週末のイベントの告知です。

毎年恒例の柏崎市文化会館アルフォーレでのタカラスタンダードさんの住宅設備が見学できるイベントです。

昨年は3月予定がコロナウイルス感染拡大防止のため、10月に延期になりました。

半年ぶりとなりますが、これから暖かくなる季節に、新築、リフォーム、リノベーションをご検討の皆さんはぜひ、ご利用ください。

 

3月19日(金)・20日(土)柏崎タカラフェア開催のお知らせ(完全予約制)

 

ぜひご連絡ください。

 

つづく。