第66回:三又(みつまた)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

今日は珍しい工具の修理がありました。


これは「三又(みつまた)」といいます。


足が3つ付いていて、頭の部分に金具があり、そこにロープを引っかけて重たい荷物吊るし、


三又の足を少しずつ動かしながら移動させます。


つまり、昔のレッカー(荷揚げ)車なんです。


昔はこれで石などを吊るして動かしていたそうです。


僕も実物ははじめてみました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

3本の丸太に穴をあけて、鉄の棒と金具を差し込んであります。


そして金具にひもを吊るすんです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

三又の足が1本壊れたので、新しい足にとり替えました。


大の大人がぶら下がっても大丈夫です。


昔の道具は色々な知恵が入っていて、勉強になります。