第137回:地鎮祭



今日は「地鎮祭(じちんさい)」がありました。


「地鎮祭」とは工事着工前にその土地の神様に工事の成功を祈願します。



新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

神主さんに準備をして頂きました。


神棚は東向きに設置します。

(それぞれ宗派?により異なります。)


神棚の上にはお米、お酒、お水、お魚(鯛)、干物、野菜、果物が並びます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

神棚の四方には笹を結びます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

これは「神籬(ひもろぎ)」と言います。


神棚の最上段の左側にある榊に結んであったものです。


これは厄除けとして基礎工事の時に、基礎の下に埋めます。


そしてこれには向きがあるんです。


上の写真が正しい向き。


「紙垂(「しで」といいます、折った紙のことです)」が長方形になっています。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


ひっくり返すと「紙垂(しで)」は正方形になるんです。


基礎着工時には間違いなく、配置したいと思います。




夕方は、ご近所さんでBBQをやっているとの連絡がありました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

遠慮なく、頂いてきました。


ごちそうさまでした。