第174回:雨仕舞い(あまじまい)窓まわり編

今日は新築住宅の現場からです。


柏崎は雨が降ったり、止んだりの不安定な天気でした。


そんな日ですが、今日は窓まわりの防水作業です。

基本的に住宅には柱や壁の外側に防水紙を貼ります。


それで家全体を巻いて、外壁等からの吹き込み、または劣化時の雨水の侵入を防ぎます。


しかし、窓周りは用心の為、もう一工夫凝らします。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

窓の上の部分です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

そこに気密防水テープを窓周りに貼りつけます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

両面テープになっています。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


そこに防水紙を貼りつけます。

窓周りはテープでがっちり固定します。


窓の左右と下も余計に巻きます。

窓周りを巻いてから全体を再度巻きます。


雨水の侵入は瑕疵保証保険にも該当する重要な部分です。

雨水が侵入してはせっかくの構造材もダメになってしまいます。


窓周りは慎重になりますね。


今日は蒸し暑かった。。。