第187回:土台上げ

耐震補強の現場からです。


今日は土台上げがありました。

縁側の廊下が傾いているので、その部分の土台を上げます。

(地盤が弱くて建物全体が傾く、もしくは沈んでいる場合は、大がかりになります。)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

事前にレーザーレベル(水平高さを確認し、傾きを調べます)

今回は一番下がっていたところで、18mmでした。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

床をはがして、油圧式ジャッキを設置します。

力がかかる部分(柱の下)の周りにジャッキを設置します。

そして土台を持ち上げます。


部分改修なので、あまり上げ過ぎるとサッシなどが歪んでしまう為、細心の注意を払います。

また、地盤が土の場合、上に上がらず、下に沈む場合があるので、地盤を締めながら上げていきます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


上がった!


この隙間にパッキンを挿み高さを調整します。

(もっと大きく持ち上げる時は基礎を増して、その上に土台を乗せます)


どうやっても力が伝わらずに上がらない時もあるのですが、上がってよかったです。