第208回:塗装の世界

塗装の現場からです。


昨日、ブログに書きました、「刷毛(はけ)・ローラー」塗装の様子です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑上の写真がローラーで塗るところです。


ローラーで丁寧に塗ります。


外壁も内装も塗装は1回塗りでありません。


1回目に下塗りをして、2回目で仕上げます。


状況によっては3回目を塗る場合もあります。

(写真は2回塗りです)


重ね塗りをすれば、表面の塗膜が厚くなるので、耐用年数は長くなり、色の深みもでます。

もちろん、金額も上がります。


重ね塗りの際はどこまで塗ったか分からなくなる可能性もあり、1回目、2回目、3回目で色の濃さを変える場合もあります。


だんだん、濃くしていき、目的の色にします。

そうするとどこまで塗ったかが、一目でわかり、塗り忘れが無くなります。

しかし、塗料も3種類必要になるんです、つまり、金額も上がることになります。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑これが塗料です。


たっぷり塗料をつけても下に垂れるだけで、塗料の無駄なります。

そこで格子状の部分で無駄な塗料を落とします。


ローラーにどれくらいつけるのが適量なのかは、まさに職人の腕の見せ所です。


ちなみに、このローラー、結構なお値段なんです。

刷毛(はけ)も、馬の毛などを使っていたります。


天然の毛を使っている刷毛は塗料がポタポタ垂れにくいそうです。

また、塗った時の塗料の「ノリ」も違うそうです。

(職人の感覚ですね)


とても深い、塗装の世界です。

(他にも色々ありますが、また別の機会に)


今週は晴れが続いて、見事に予想が当たり、安心しました。


柏崎は明日も晴れるので、良い養生期間になりそうです。