第331回:床鳴り対策

今日は新築現場からです。


今日は「床鳴り」についてです。


「床鳴り」とは、その名の通り、床を歩いていると床から「ぎぃぃぃ」っと言う音がなることです。

これがとてもの気になります。


1階の床であれば、床下に入って直すことも可能ですが、2階の場合はそうはいきません。

1階の天井と2階の床の間は狭いので、中に入って修繕することが厳しいんです。

その為、この「床鳴り」を防止するために色々策を講じます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑その1つとして、仕上げのフローリングの下に緩衝材を敷きます。

床板下地の上に、緩衝材を敷いて、さらに仕上げのフローリングを敷く、3重構造です。


効果としても


1.「床鳴り」の発生頻度を抑えます。

2.2階を歩いている時の足音も軽減します。

3.断熱効果もあり、床下からの冷え込みも抑えます。


ちょっとの手間ですが、その後の生活では大きな効果が期待できますよ。




新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑昨日、東京へ行ってきた、妹からお土産をもらいました。

ペーパーウェイト(文鎮)にもなるみたいです。


ありがとう。


つづく。




【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/