第333回:気調換気扇(きちょうかんきせん)

今日は午後から電話があり、お客さんのお宅へ現地確認に伺いました。


一通りお話を伺い、換気扇の話になりました。

増築した当時、取り付けた換気扇についてです。


当時は良い機能だよって事で取り付けた換気扇です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑見た目は普通の換気扇のようですが、ちょっと違うんです。

これは「気調換気扇(きちょうかんきせん)」と言います。


普通の換気扇は換気をする際に、外の外気をそのまま入れる為、

夏は外の暖かい空気

冬は外の冷たい空気

で換気します。


その為、

夏は冷房機で冷やした空気が温まり、

冬は暖房機で暖めた空気が冷えてしまいます。


この「気調換気扇」は外の空気を室内に入れる際、室内の温度に近づけてから換気するんです。


簡単に言えば、「室温に合わせて換気する」換気扇なんです。

熱のロスが少なくなる、省エネ換気扇です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


↑リモコンも付いていて、温度を損なわないように設定があります。


その際、換気扇の掃除の話になり、取り付けてから1度も掃除していないとのこと。。。


せっかくなので、開けてみました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑ひどい汚れではないですが、やはり埃がたまってました。

良い機会なので、フィルターは交換することを進めました。


良い機能も定期的な点検がなければ、機能は維持できません。


定期的な点検は必要ですね。


つづく。