第345回:KY

一昔前に「KY」って言葉が流行りました。

「あの人、KYだよねぇ」っといった風に使います。

そう、「K(空気が)Y(読めない)」の略です。


この言葉、「土木」「建築」の世界別の意味で使われています。


それは「K(Kiken危険)Y(Yochi予知)」の略です。

作業現場では大きな重機や刃物が付いた工具を使用する為、現場職人の怪我や事故の防止にとても注意が必要です。

高所作業や大型の重機でのミスは死亡事故につながります。


その為、工事開始前に「危険予知」を行い、作業の安全を確認します。


「R-KY(リスク-危険予知)」、「KYK(危険予知活動)」、「KYT(危険予知対策)」なんて感じで使われる用語です。


仕事ではやはり、現場の空気(K)が読めない(Y)とダメですね。


なんでこんな話かと言うと、今日は職長講習会でした。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/