第395回:鉄筋検査

連休から少しブログが休みがちになってしまいました。


今日からは気を引き締め直していきたいともいます。


先週の掘削から、砕石敷き、鉄筋配置を終えて、(だいぶ飛ばしていきましたが。。。)本日は朝から住宅瑕疵保険の鉄筋検査がありました。


現在は住宅を引き渡す為には建設会社は「供託」もしくは「瑕疵保険」のどちらかによってその住宅の瑕疵(欠陥のことです)を補償するようになっています。


今日は瑕疵保険の最初の検査になる、「鉄筋検査」です。

事前にチェックシートに基礎の形状、鉄筋の直径、継ぎ手の長さ、コンクリートの厚さ、基礎の根入れ深さなどを記載して、検査員の方に問題ないか確認してもらいます。


これにクリアしないとコンクリートを入れることは出来ません。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑検査中の様子です。


無事にクリアしてきました。


何度か行っていますが、待っている間はやっぱり緊張しますね。。。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/