第513回:屋根の下地

今日は外壁・屋根工事の現場からです。


まずは屋根を張り替えます。


屋根を剥がすと。。。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑防水シートが出てきました。

よく見ると、木材下地の野地板(のじいた)の上に直接、ルーフィング(防水シートのことです)が張られています。


昔は緩衝剤を敷かずに施工されていたようです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


↑今回は緩衝剤のシージング材を敷きます。

板金屋根は瓦屋根に比べると厚さが薄いので、雨が降った時の雨音、振動が室内に伝わりやすいです。

その為、緩衝剤を敷いて、音と振動を減少させるのが目的です。


※板金屋根は瓦屋根に比べると、重さがないので、建物の荷重が軽くなります。瓦、板金それぞれにメリットがあるのでどちらがいいという訳ではありません。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑板金屋さんの大親方の柳さんです。


ばっちり仕上げてもらいます。



話は変わって、夕方、会社には、お客さんが遊びに来てくれました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑いちけんブログ最多登場の「あおた」君です。

今日もいい笑顔です。


そしてお客さんから差し入れを頂きました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

元気ハツラツオロナミンCです。


あっちゃん、ありがとうございます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/