第562回:冬囲いが簡単になるように

今日は先日、加工した冬囲いが取りつきました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑取り付け後です。

今までは柱の根元の部分を固定していなかったので、根元が動いて板が入れにくかったそうなので、

根元をコンクリートに固定するようにしました。

雪囲いは簡単ですが、春も夏も柱は立ったままになります。

今回は毎年の冬囲いを簡単にすることを優先にしてこうしました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑正面から見た状態です。

上の部分まで塞いでしまうと、採光が取れなくなるのでまだ取り付けていません。

雪の状況を見てお客さんに取り付けてもらいます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑コの字の金具を柱に打ち付けてあります。

そこに落とし板を挿し込んでいきます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑一番上の板は落とし板に欠きこみをつけておきます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑落とし板を引いて。。。



新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑反対側が外れるようになっています。


毎年の冬囲いは年を取るにつれて重労働になっていきます。

1日、2日程度の作業なんですが、その作業が簡単になるように今回は工事させてもらいました。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/