第642回:2重トラップ

今日は以前、リフォームしたお宅に伺ってきました。


お風呂の浴槽のお湯を抜くと、洗い場で排水が出てきて、水の抜けが良くないとのことでした。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑実際にお風呂のお湯を抜いみました。

浴槽の排水をすると洗い場の排水口に溜まってきます。

外部の排水を確認してみると原因がわかりました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


↑外の汚水桝(おすいます)排水トラップとユニットバスの排水トラップで2重トラップになっていました。

「トラップ」は配管から上がってくる臭気を抑える為の機能です。

今回は以前のお風呂で使用していたトラップと新しいユニットバスにした際のトラップが重なってしまい、2重トラップになっていました。

2重トラップになると、トラップ間で空気が密閉されて、水が流れにくくなる現象になります。

その為、浴槽の排水がうまくながれなかったのでした。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑外の汚水桝の蓋をエアー抜きキャップに交換させてもらいました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑横から見ると空気抜きの穴が空いています。


再度、排水してみると洗い場に排水が出てこなくなりました。

この対応で様子を見て頂くことになりました。

大変ご迷惑をおかけしました。

排水の動作確認は今後はしっかりしていきたいと思います。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/