第673回: 瓦の点検

今日は瓦屋さんと屋根の現場確認に行ってきました。


今年の雪で傷んだ瓦の確認です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑本屋(2階の屋根)から確認です。


冬場は屋根の雪を載せておく住宅があります。

そのための雪止めがついていますが、雪止めは基本的に軒先側に取り付けます。

すると、重くなった雪に瓦が引っ張らてしまいます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑これが引っ張られた部分です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑赤く囲んで見た部分が瓦が引っ張られた部分です。


先端の瓦が雪の重さで引っ張られてしまうんですね。

瓦を結ぶ銅線が緩んでしまいます。


下からでは雨樋で見えない部分ですので、1階の屋根などは2階の窓から覗いてみると確認できます。


本屋(2階の屋根)は危ないので、無理せず、業者さんにお願いしましょう。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/