第699回: 建具調整

今日は午前中に建具の調整に行ってきました。


車庫の引き戸が擦れてしまい、動きが悪いとのことです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑車庫の引き戸なので大きく、重量もあります。


建具の動きが悪いときの調整方法として気になる点は。。。

1.戸車が故障している

2.建具自体が歪んでしまっている

3.レールが歪んでいる


があります。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑まずは戸車の確認です。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑戸車自体は大丈夫ですが、建具が水を吸って、かなり劣化しており、戸車が埋まってしまい、レールの上を走っていませんでした。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑まずは戸車の調整です。

会社から持ってきた厚みの違うベニア使用します。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑並べてみると厚みが異なります。

これを使って、戸車の高さ調整に使います。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑ベニアを挟んで高さを調整します。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑そして、今回は埋め込みのレールが歪んでいました。

車庫の場合、車がレールの上を乗るので車の重量でレールが歪んでしまったようです。

通り(レールをまっすぐみること)と少し曲がっているところがありました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑玄翁(げんのう 金槌のこと)で歪みを調整します。

完全には調整できませんでしたが、建具も軽くなり、レールの上を滑るようになってくれました。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/