第793回:テレビが受信できない時2

今日は以前、工事させて頂いたお客さんのところへ行ってきました。


地デジのテレビを持ってきたら、映らなくなってしまったとのことです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑アンテナの向きが変わってしまったのかもしれません。

屋根の張り替えをしたので、その時に接触してしまったのか。。。

雪がアンテナに引っかかって向きが変わってしまったのか。。。


いろいろ想定しながら、電気屋さんと伺ってきました。

とりあえず、テレビをつけて調べてみると、アンテナケーブルの接触問題があったようです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑アンテナからきているケーブルのジャックです。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑カバーを開けてみると、アンテナ線と保護で付いているシールドが接触していました。

アンテナ線とシールドが接触すると、テレビが映らなくなることがあるそうです。

今までのテレビはこれで映っていたそうですが、接触不良にならないようにします。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑線を新しく剥きなおして、ジャックも取り替えてもらいました。

(関係ないですが、昔のファミコンの接続もこんな感じでしたね。。。)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑そして念のため、再度チャンネル設定です。

柏崎の場合、アンテナは弥彦方面と高柳方面と2方向から電波があるので、引っ越し等で別の場所から持ってきたら、チャンネル設定をし直した方が間違いありません。

無事に映ってよかったです。


しかし、地デジ対応後はテレビのトラブルが増えたように思います。


もう少し簡単になるといいですね。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/