第810回:家起こし(やおこし)

今日から建て方が始まりました。


朝、少し小雨が降りましたが、その後はなんとか天気は持ってくれました。

梅雨は開けたそうですが、今日は蒸す1日となりました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑柱を建てて、横架材の梁(はり)を載せていきます。

この横架材の架け方が職人さんの技量が試される部分です。

材料の継手を確認しながら、組んでいきます。

順番を間違えると、組み上がらないんです。

しかも、初めは建物がとても揺れるので、できるだけ、上で作業する大工さんが作業しやすいように架けていきます。


横架材を架けた後は。。。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑横架材を架けた後は、建物の歪みを直します。

横架材を架けただけでは建物は垂直になっていません。

仮筋違(かりすじかい)を壁に打ち付けて、道具の「さげふり」を使って、柱が垂直に建っているかを確認します。

上は「さげふり」を柱に固定しています。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑傾きはチェーンで引っ張って垂直にします。


垂直になった部分から仮筋違を固定していきます。


この作業を何度も行って、建物を垂直にしていきます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/